ジェイパッケージ

このホームページの”イナズマロックフェスで、LALR(1)パーサに発電機:バークレー yacc © ターゲットを絞った C#、Java。

参照:
説明

インタフェースの概要
ダミー 偽のクラスは、トリガーのjavadocます。

パッケージジェイ-説明

このホームページの”イナズマロックフェスで、LALR(1)パーサに発電機:バークレー yacc © ターゲットを絞った C#、Java。

用途

ジェイを読み込み文法仕様からのファイルを作成し、LALR(1)パーサです。 パーサで構成され解析でテーブルとドライバーからスケルトンは標準入力から読み取らです。 に適したスケルトンの存在のためのJavaとC#のです。 テーブルとドライバーは標準出力に出力します。

  jay [-ctv] [-b file-prefix] grammar skeleton|<skeleton
  java -jar jay.jar [-ctv] [-b file-prefix] grammar skeleton|<skeleton

次のオプションが選択可能です:

-b file-prefix 変化の接頭辞を前に追加される二次側出力ファイル名の文字列が示すfile_prefixます。 デフォルトの接頭辞の文字yします。

-c 手配のためにCプリプロセッサ#ラインのディレクティブに組込まれる出力に出力します。 このみに役立つC#ます。

-t 手配のためのデバッグ情報の出力に出力します。 実際の情報制御による骨格にファイルとしての配布によります追加ランタイムパッケージです。 C#のソースをダウンロードは、Java見jayます。yydebugます。

-v 原因は、人間が読める形式の説明、生成されたパーサーに書き込まれるファイルfile_prefixます。出力に出力します。

場合の環境変数TMPDIR、TMP、または温度設定の文字列からの環境変数として使用しますディレクトリの名前の一時ファイルを作成します。

入力フォーマット

入力形式で、LALR(1)アルゴリズムを変更されていないからyaccます。 一つには豊富な文献yaccの詳細は書面およびデバッグ、文法、エラー回復のための戦略行動などです。

唯一の違いは価値をスタックに組み込みの発生するパーサクラスのインターフェースのスキャナーです。 これらすべての変更を変更することにより、骨格のファイルです。 の残りのことは、骨格にファイルとジェイ。

の%連合の指令は削除されている。 ジェイ用オブジェクト(またはシステムです。オブジェクトのC#の値をスタックです。 その結果、その名のタグの表記<name>は、クラスまたはインターフェースです。

このことが意義のある鋳イナズマロックフェスを生成す:ものC#でもJava許可証の課題を造の変数です。 そのため、表記は$$るオブジェクトなキャストで$$が通常の割り当てます。 ば$$他の目的に使用を通して、明示的なタイプ$<name>$であるが、キャスト名ます。

同様に、表記の$nで割り当てます。 そのため、”イナズマロックフェスを生成するキャストな表記で$<>nの発生を防ぐために利用される鋳造します。

ジェイが出ないかぶるオブジェクトです。 これらの鋳物は通常不要で、この戦略を避け多くの警告メッセージが原因となり、驚きの超過の状況です。

京都一リーズナブルな概念を継承します。 このことは主張には根拠がな警告メッセージについて不服を申し立て疑問に対応します。 と考えられたこれらのメッセージは一般的に有用な場合でも一部誤りである。

ジェネリック医薬品

のテーブルや骨格にファイルのジェイなパラメータ化されたます。 jay.yydebug は分けなくパラメータ化された種類しかし、ソースを含むコード付きジェネリック医薬品になるこの時点ではコメントアウトされています。

表記<tag>を含んでネストした角括弧内の文字[]空白のか? また、普通のお好きな文字とします。 $_. ただし書において次に掲げる用語は次の値をスタック$nキャスト使用タグやキャストをパラメータ化されたタイプを描くチェック警告Java.

パーサクラスが含@SuppressWarnings(“チェック”);しかし、このふれあいを大切にしながらJava5では賢明です。

骨格のファイル

バイナリソースをダウンロードが含まれ骨格のファイルのためのJavaとC#ます。 スケルトンファイルの形式は発生するテーブルでは実際のパーサによるアルゴリズムを解釈します。 アルゴリズムに同じすべての配布ファイルが骨格です。テーブルを初期化します様々なテーブルを読み込むとリソースファイルを実行時には、これに限のJavaシステムの負のサイズをコードセグメントのためのクラスです。

作成リソースファイルを生成し、パーサを用い骨格です。テーブルです。 からのソースのパーサエキスのラインから//yy除去すという接頭辞です。 この結果、ファイルに設置されるべきと同じディレクトリのクラスファイルのパーサを利用していくべきクラス名のパーサおよび接尾辞です。テーブルです。

すべきではないとの互換性をとるために、骨格のファイルでその広がりました。 のファイルはライン指向のです。 キャラクターの最初の列には何をするかを設定し、線:#マークのコメント行は無視されます。 ます。 マーク、東京スカイツリーのエレベータコピーされないの期間です。

tマーク、ラインに関連する追跡が可能です。 正常にコピーされた場合は、以下のアーティストネットワークを作り、サービスのオプション-tを設定の行をコピーせずに。

最後に、線の場合は、以下のアーティストは空白が含まれてコマンドを出力の表情をとることができるもののラインパラメータとしてます。

actions 光コード行為としての身体のスイッチです。
epilog 放のテキスト第二次%%です。
local 放のテキスト内に%{%}の初%%です。
prolog 放のテキスト内に%{%}前第%%です。
tokens prefix 光各トークンの値として初期化された識別子であり、残りのラインとしての接頭辞です。
version comment 発//コメントの残りをします。
yyCheck prefix
yyDefRed prefix
yyDgoto prefix
yyGindex prefix
yyLen prefix
yyLhs prefix
yyRindex prefix
yySindex prefix
yyTable prefix
出身体の関連するテーブルの行の残りを接頭辞として各出力する。
yyFinal prefix 光の値に初期化子、残りのラインとしての接頭辞です。
yyNames prefix 発表リストとしての単語の残りの部分とライン接頭辞として各出力する。
yyNames-strings テーブルを文字列初期化子のリストとして出力します。
yyRule prefix 発表リストとしてのラインの残りを接頭辞として各出力する。
yyRule-strings テーブルを文字列初期化子のリストとして出力します。

それぞれのテーブルの接頭辞が付によるコメントと次元の情報です。

クラスの管理

デザインの骨格にファイルを考える二つの問題をどう埋め込むためのパーザクラスやインターフェースのスキャナーです。

の骨格にファイルにユーザーに提供プロローグ内に%{%}を含むクラスのヘッダーを供給するエピローグ第二次%%を閉じ、このクラスです。 ジェイを知らないクラス名のパーサです。

インターフェイスのスキャナーのyyInput生成の一員として、各パーサクラスが示すものではありません。 が、前には、引数を返さなければなりを示すブール値値。真実の場合、チェのスキャナーは抽出された別の入力データの記号のトークンがない引数や返さなければなり、現在の入力記号整数値としてのパーサを期待は、価値がない引数で返しオブジェクト値を超えるおそれがあるとされた状態の値のスタックの入力シンボルです。 トレースを見込んのトークンおよび価値に一定の機能と呼びます。

明確なトークンの値にすることで生まれた定数のパーサクラスです。 シングル文字が表す自身では京都一リーズナブルであると考えASCIIというよりも、Unicode文字セットします。 で改善していたかもしれない、といを定義する定数でのスキャナのインタでのスキャナーの実施としての内部クラスのパーサです。 pjこの見解がある場合でもスキャナーが明示的に構築されてJLexます。

ダウンロード

バージョン:
1.1.1月2006年。

著者:
Axel T. Schreiner.

Original English-language page